マスク特有の肌荒れを解消するために

 マスクの着用に慣れていない人だと、長時間の着用によってごわつき・摩擦・かゆみなどを感じてしまう人が多いでしょう。

 

 特に口周りは頻繁に動かす部位であり、そのたびに生地と接触して摩擦の影響で皮膚が弱くなっていくのです。

 

 肌本来のバリア機能を発揮できなくなれば、次第にヒリヒリした痛み・かゆみなどに悩まされるようになります。

 

 重症化すると接触性皮膚炎になり、肌が赤くなってただれることや痛がゆい状態に変わっていきます。

 

 マスクを装着すればカバーした部位が保湿されると思うかもしれませんが、それは装着している時間だけです。

 

 外すと皮膚表面の水分が急激に蒸発し、その瞬間に肌乾燥を招くのです。

 

マスク特有の肌荒れを解消するために

刺激が弱めの洗顔アイテムでスキンケアを

 接触性皮膚炎を起こしている状態イコール敏感肌になっています。

 

 すると今まで使用していたスキンケア用品が合わなくなる可能性があります。

 

 洗顔料は低刺激タイプに変えてみて、あとは洗顔回数をあまり増やさないようにしてください。

 

 洗顔をした直後は肌がうるおっていますが、皮脂も同時に落ちているので乾燥しやすい状態になっています。

 

 肌が脂でテカテカしている状態は問題ありですが、必要な皮脂が少し残っている程度なら問題ありません。

 

 洗顔の目的は肌と毛穴の汚れ、そして過剰な皮脂を落とすことです。

 

 適度な皮脂はバリア機能を形成し、肌を強化してくれるのです。

 

刺激が弱めの洗顔アイテムでスキンケアを

うるおいを高めるためのスキンケア

 グリチルリチン酸2Kやε-アミノカプロン酸を含有するスキンケア用品は優れた保湿力を持っています。

 

 ナノ化したセラミドは浸透性に優れ、角質層までしっかりと保湿できます。

 

 うるおいのベールを形成すれば、マスクによる摩擦ダメージを軽減できるのです。

 

 摩擦による刺激は、最初に唇にくるという人は少なくありません。

 

 肌の状態はまだ正常だけど、唇が荒れてきたという人は注意してください。

 

 そのままのケアを継続していると、肌のごわつきを招くことがあります。

 

 ミストタイプのスキンケア用品なら、乾燥を感じたタイミングで素早く使用できるので便利です。

 

うるおいを高めるためのスキンケア

クリームによる保湿はマスク摩擦に負けない

 スプレーをしてもすぐに液剤が蒸発し、乾燥が気になってしまう人はクリームによる保湿がおすすめです。

 

 やわらかいクリームは広範囲に塗布するのに適していますが、マスクによる肌荒れ対策をするためには、ある程度硬い塗り心地があるタイプが適しています。

 

 摩擦を繰り返すことで保湿成分が剥がれてしまう可能性があるためです。

 

 バームやワセリンなどは、肌荒れを何度も繰り返す人におすすめです。

 

 薬用と記載されているものは医薬部外品ですから、通常のスキンケア用品で実感できない人は試してみてください。

 

クリームによる保湿はマスク摩擦に負けない

なぜマスクはこまめに交換するべきなのか?

 使い捨てマスクを何日も使い続けるのは好ましくありません。

 

 毎日交換するのが理想であり、これは雑菌繁殖を防ぐためでもあります。

 

 マスクをした状態で会話すると素材に唾液が付着しますが、唾液には口腔細菌が含まれています。

 

 マスクは会話するときにズレることが多く、広範囲にわたって唾液を付着させるのです。

 

 するとニキビや口唇ヘルペスなどの原因になります。

 

 しっかりと保湿ケアをしているのに肌トラブルが消えないなら、1枚のマスクを使いすぎているのかもしれません。

 

 洗浄して繰り返し使えるタイプは別ですが、使い捨てタイプならばこまめに交換するようにしてください。

 

なぜマスクはこまめに交換するべきなのか?