恵比寿の人気店「nomad dalla libera (ノマドダッラリベラ)」の一流シェフとマンツーマンで

 今回申し込んだのは、恵比寿のイタリアン「nomad dalla libera (ノマドダッラリベラ)」のシェフが教えてくれる料理教室。普段は数名で開催していらっしゃるのですが、今回にはラッキーにも参加者が私一人だったためマンツーマンで行うことに。少々緊張しますが楽しみです。

 

 費用は2,000円で後払い。指定の口座に振込をするとのこと。(材料費別)

「LINE」でメニューを決定

メニューは「豚肩ロースの赤ワイン煮込み」と「ドレッシング」

 当日作るメニューは「LINE」で決めます。

 ハーブを使った料理や肉の煮込み料理、特に塊肉系の扱い方を知りたい、という要望を伝えると、程なくシェフより当日のメニューと必要な食材が送られてきました。

 

 作るメニューは「豚肩ロースの赤ワイン煮込み」と付け合わせのサラダに使う「ドレッシング」。ローズマリーやローリエなど、日常の料理ではなかなか登場しない食材も書かれており、さすが有名店の料理教室!と期待が高まります。赤ワインを料理に使うのは初めてです。難しそう…。

 

 

 

 

初のオンライン料理教室は食材買い出しからスタート

塊肉1キロを求めて大型スーパーへ買い出しに

 オフラインの料理教室と違い、自宅で調理を習いますので、まずは買い出しからスタート。 材料を揃えたら、開始時間までキッチンで待機します。

 

 料理教室は、オンラインプラットフォーム「zoom」を利用して行われます。パソコン、タブレット、スマホなど、ネットに繋がっていれば様々なデバイスが使用可能です。

 

 今回私はパソコンで参加したのですが、自分の手元や顔、そしてキッチンの全体感が見える場所にカメラを設置するのに少々苦戦しました。スムーズにレッスンを受けるためにも、デバイス設置は、予めリハーサルしておいた方がよさそうです。

開始時間になったら「zoom」に接続、料理教室がスタート

 「LINE」に送られてきたURLにアクセスして「zoom」に接続すると、料理教室がスタートです。nomadのオーナー、宮崎シェフと画面越しにご挨拶。お手柔らかによろしくお願いします!!

シェフの手元が見えるのがとてもいい

手元が見えるのがとてもいい

 まずは、ワイン煮込みに使う野菜をカットしていきます。

 初のオンライン料理教室。小さな画面越しでできるのかと半信半疑でしたが、シェフの手元が見えるのがとてもいい。野菜をどのような大きさでカットしているか、どんな風に包丁を入れるか、対面では見ることのできないアングルでじっくり見ることができます。オフラインの料理教室よりもわかりやすいかも知れない。

 

 宮崎シェフがにんじんを皮のままカットしていたので質問してみると、「皮と身の間から旨味が出るから皮のままの方が良い」そう。お店ではオーガニック野菜を使用しているそうです。テクニックだけでなく、お店のこだわりも知れるのはいいですね。

 

自宅のキッチン環境に合わせた身に付くアドバイスが嬉しい

 野菜を鍋に入れて炒めていきます。私の手持ちの鍋は2つ。小型鍋は肉で埋め尽くされそうなサイズなので、大型の鍋を使おうと思っていたのですが、宮崎シェフからは小型の鍋の方が良いとアドバイス。大きい鍋だと肉が鍋の中で動き、旨味が逃げてしまうのだとか。大は小を兼ねないんですね。

 

 自宅の調理器具で料理ができるのも、オンライン料理教室の大きなメリット。使い慣れた調理器具の方が手早く動けますし、自宅にある器具でも作れると知ることは自信にも繋がります。せっかく教えてもらうのに、一度きりしか作れなかったでは勿体ないですしね。

 

 zoom越しに鍋を選んでもらえたことで、安心して次のステップに進むことができました。ただの動画授業ではなく、双方向のコミュニケーションが取れることも嬉しいポイントです。途中から完全に見失ってしまった…なんてことも起こりません。

調味料を入れるタイミングをカメラ越しにチェック

カメラ越しに調味料を入れるタイミングをチェック

 野菜は甘みが出るようにじっくりと炒めていきます。私がいつも悩むのは、調味料を入れるタイミング。料理本だと、正しい頃合いがよくわからないんです。

 

 カメラに鍋内を映し、状態を見てもらうことでタイミングを把握できました。塩を入れると野菜がギュッと締まって甘みが出なくなる。野菜の甘みを出したい料理の場合塩は終盤に入れるそうです。なるほど。

肉の焼き色もカメラでチェック

お肉の焼き加減もカメラでチェック

 続いて肉の調理に。

 肉にフライパンで焼き色をつけていきます。香りを出すために表面を少し焦がすのだとか。最終的には煮込むため、中まで肉に火が通らなくてもOKです。脂身が多い面から先に焼き始め、焼き色がついた肉は、野菜を炒めている鍋へ。

 

 こちらもカメラで焼き色をチェックしてもらいました。安心…!

 

簡単!ワンランク上の味になるドレッシング

冷やしながら作らないと、油分と水分がうまく混ざらず美味しいドレッシングになりません

 続いてドレッシング作り。

 ドレッシングが自家製だと、ワンランク上の料理って感じがしませんか?

 

 ドレッシング作りのコツは、とにかく冷やすこと。大型のボールに氷水を作り、その上に小さなボールを重ね、冷やしながらすべての材料をぐるぐると混ぜていくと、あっという間にお店で出てくるようなドレッシングが!これで、サラダの格がぐっと上がること間違いなしです。

 

 ドレッシングは買った方が絶対早いと思っていたんですが、こんなに簡単にできるなんて驚きです。オレンジの果汁や、ゆずなどを入れても美味しいとか。基本をマスターできたら、食材を変えてアレンジしてみよう。自炊生活も食材を一工夫するだけで、レストラン気分に発展しますね。

オンラインレッスンのメリットを活かした、一時中断

ここから2時間煮込みます

 ドレッシングが完成したら一段落。

 今回は、お肉をじっくり煮込むため、一旦「zoom」を切って2時間後に再開です。時間のかかる料理に挑めるのに、手軽に感じるのはオンライン料理教室ならではの良さですね。

 

 使用した調理器具を洗うなど、有意義に時間を使うことができました。

 

 

ついに完成、そして盛り付け

2時間後。いい香りがします

 2時間後…、これは…美味しいお店の香り…。自宅だとは思えません!

 

 最後は盛り付けです。これも、すっごく期待していました。家の食卓に並ぶ料理と素敵な飲食店の差って、味はもとより何より盛り付けなんじゃないかなと思うんです。 見た目も料理の大事な要素。せっかくシェフに教わることができるこの機会に、プロならではの技を盗みたいですね。

 

自宅にあるお皿で映えるコツ

 私が選んだのは、お気に入りの平皿。真ん中に煮込んだ肉を乗せてシェフに見せてみると、「その肉は半分に切って重ねて高さを出した方がいい」と。なるべく、料理の乗っている面積を減らして空白を活かすことが美しく盛り付けるコツだそうです。

 

 付け合せに家にあった野菜を横に添えて見たのですが、イマイチ映えない…。シェフから、肉の上に乗せるというアドバイスをいただきました。目からウロコですが、乗せてみると、確かにこういうお料理レストランで見たことあるかも…!さらにこの野菜の上からドレッシングをかけます。サラダの固定観念に囚われてはいけませんね。

完成~。こちらが私の作品です。

こちらはシェフの完成品。さすが!

 

 nomadでは、今だけ特別に、オンライン料理教室と料理のテイクアウトを行っています。宮崎シェフにお話をお伺いしました。

宮崎シェフに特別にお話をお伺いしました

――オンライン料理教室をスタートした経緯を教えてください。

 料理教室は以前からリクエストをいただいていたんですが、これまで忙しく、実施できていませんでした。今回時間もできてしまったので実現することに。常連さんを中心に口コミで少しずつ始めたのですが、喜んでいただいています。初の試みですが僕も楽しいですよ。店のスタッフに教えるよりも、優しく教えています(笑)。

 

――テイクアウトも始められたそうですね。

 はい。鎌倉野菜や鮮魚を使ったパスタを提供しています。飲食店で食べる味は、やはり家庭の味とは違う特別なものだと思っています。自粛でしんどい状況が続きますが、自宅でも店の味を楽しんで貰えたらなと思っています。

 

――飲食店にとって大変な状況が続いています。

 そうですね、リーマンショックや東日本大震災の頃も、客足が減って大変でしたが、今の方がずっとしんどいですね。いつまでこの状況なのかわからないというのも辛いです。

 

 早くこの状況を打開したいところですが、今はオンライン料理教室やテイクアウトでnomadの味を届けられたらと思っています。

 

 店舗には、今日作った赤ワイン煮込みに合うようなワインもたくさん置いているんですよ。味が気に入って貰えたら、いつか店にも食べにきてくださいね。

ついに渾身の、豚肉の赤ワイン煮込みを実食

 最後に、実際に作った料理を食べてみました。見慣れた自宅の食卓に、異彩を放つ存在感たっぷりの一皿。

 

 お肉柔らかい!口の中でほどけていくけど、食べごたえはしっかりです。赤ワインの味というよりも、新しい美味しいソースに生まれ変わっていて肉の旨味を引き立たせてくれています。

 

 一口食べて、真っ先に思ったのは、「お店の味だ…」ってこと。これ、家で食べる味じゃないです。いいお店で正装して食べる味です。それが、家にある器具とスーパーで揃えた食材でできてしまうなんて驚き。本やネットでレシピ通りに作っても、この味は出せなかったと思います。

 

 レシピに書き出せない、ほんの少しのテクニックや手さばきが味を分ける!これはシェフのオンライン料理教室ならではの感動ではないでしょうか。自宅で作ったので、また同じように作れる(気がする)というのも大きな自信に繋がります。早めにもう一度作って、作り方を体に染み込ませたい!ドレッシングも違うサラダにかけたり、アレンジを加えたい。

 

 今回のレシピは、なかなか気合のいるものでしたが、応用の効くテクニックをたくさん学ぶことができました。他の料理もぐっと楽しくなりそうです。

オンライン料理教室、端的に言って最高。なぜなら…

 これまでオフラインのお料理の体験レッスンには数回参加したことがあったのですが、周りのペースに合わせたり、慣れない調理器具を使うのがあまり好きではなく、通うまでに至りませんでした。オンライン料理教室は、使い慣れたキッチンで自分のペースで取り組めるのがとても気に入りました。

 

 料理は習うより慣れろというように、実践が命。再現性がイメージできる状態に体を慣れさせることができる上に、同時進行で超一流シェフに習うことができるなんてラッキーすぎます。一気にレベルアップできた気がしました。

 

 ただ、周りのテンポに合わせずサクサク進むのは良いものの、シェフの手さばきに付いていかなければいけません。全くの料理初心者の方には結構ハードかも。ある程度料理に慣れ親しんだ人が、さらにレベルを上げるのに適していると感じました。

 

 オンライン料理教室、イメージしていた何倍も何倍も楽しかったです。しかも一流シェフの技を教えて貰える、そうそうないチャンス。素敵なお店を開拓できない現状を残念に思っていましたが、この手がありました。おうち時間をさらに充実させるためにも、料理のレパートリーをもっと増やしたいですし、違うメニューのレッスンにも参加してみたいと思います。

期間限定!nomadのテイクアウトパスタをチェック

 テイクアウトのパスタも気になるので、晴れた日にお散歩がてら買いにいきたいと思います。そして、いつか必ずお店にも訪れたい。窮屈さも感じてしまう日々が続きますが、新しい楽しみがいくつも増えました。

 

 

イタリア1つ星店で修業したシェフがおくる本格イタリアン

【テイクアウト/当日予約可】鎌倉野菜や鮮魚など約14種のパスタから選べる《テイクアウトメニュー》

 

nomadのテイクアウトチケットはこちら

 

詳細情報詳細情報

nomad dalla libera (ノマドダッラリベラ)

住所:東京都渋谷区東3-20-1 アークプレイス恵比寿2F

電話:03-6452-6993

営業時間(※):月~土 ランチ 12:00~15:00 (※月 ランチ営業休)/ディナー 18:00~翌2:00

定休日:日曜日

 

料理教室について:詳細は、お電話でお問い合わせください。通常1時間程度(希望のメニューにより要相談)を予定しています。1名〜OK。費用は2,000円(税込)で指定の口座へお振込みいただきます。

 

※コロナの影響により当面の間、営業時間は11:30~20:00となります

 

著者:井澤 【体験したのはこの人】

井澤梓 [ライター]

金融機関を経て、2010年ビズリーチの新規事業立ち上げに参画。新規事業の法人営業担当、人材エージェントの新規開拓営業に携わり独立。経営者を中心にインタビューを数多く手がける。