マスクで起こる肌トラブルの要因

 マスクを着用中はもちろん、つけたり外したりすることで肌には常に摩擦が生じます。

 

 最初のうちは肌のバリア機能が守ってくれますが、何度も繰り返すことで次第にバリア機能は低下していってしまいます。

 

 すると肌の表面に赤みが出たり角質が剥がれたりし、刺激のせいで肌がピリピリしてくることも少なくありません。

 

 また常にマスクが肌に触れていると接触性皮膚炎を起こすことも多く、湿疹やかぶれなどの炎症が出てきます。

 

 一度かぶれて赤くなっても接触する時間を減らしたり、マスクの素材を変えたりすることで赤みは引きますが、その後肌荒れが修復されると古くなった角質がボロボロと剥がれる状態に陥ります。

 

 また乾燥による潤い不足で肌がいつもカサカサになり、粉を吹くことが多くなりがちです。

 

 これらはマスクの取り外しが原因によって起こるもので、つけているときは水分によって潤っていますが、外した瞬間に水分が一気に解放されて肌が乾燥します。

 

 しかも実際には装着による保湿効果はないため、肌の潤いだけが失われる結果となります。

 

女性を悩ますマスクでできるニキビ

 マスクをつけたまま会話をすると口腔内にいる細菌が付着し、湿気や唾液によって細菌が繁殖します。

 

 すると肌の表面にいるさまざまな菌が繁殖しやすい状態となり、ニキビの原因となるアクネ菌も活発に活動し始めます。

 

 また大人のニキビはアクネ菌だけでなく接触によってもできやすいため、とくにマスクで覆われている皮脂の分泌が活発な口周辺からあごにかけては、ニキビが大変できやすい場所です。長時間の着用はニキビができやすい環境を作るばかりか、治りにくい環境をも作るといえるでしょう。

 

 とくに肌荒れによってバリア機能が低下しているときは、細菌に感染する確率も上がります。

 

 中には口唇ヘルペスを発症するウイルスに感染することもあり、この場合はニキビよりももっとつらい状態になることは間違いありません。

 

 またニキビや口唇ヘルペスができるとメイクのノリも悪くなりますが、皮脂を含んだファンデーションがマスクにつくせいでできるニキビもあるため、メイクそのものができなくなることが多々あります。

 

肌荒れを軽減する素材を選ぶ

 不織布で作られたマスクは肌の表面を擦って皮膚に刺激を与えやすく、熱気もこもりやすいため蒸れの原因となります。

 

 ウイルスの除去率は布やガーゼでできたものよりも高くはありますが、肌荒れを起こしているときや不織布による肌荒れが起こった場合は、できるだけ別の素材で作られたものを使ってみましょう。

 

 おすすめは肌触りが優しくて刺激の少ないガーゼマスクで、内側がガーゼ、外側が生地であればかなり肌荒れを抑えられます。

 

 裁縫ができる人なら、自分で手作りするのもよいでしょう。

 

 通気性も不織布よりはよいので、病院や満員電車などの感染リスクが高い場所以外はガーゼなどに変えるだけでも、接触による肌荒れや細菌の増殖によるニキビの改善につながります。

 

バリア機能を高める肌荒れ対策コスメ

 マスクによる肌荒れを起こしているときは、普段と同じ基礎化粧品やメイク以外のものに変えることも必要です。

 

 とくにバリア機能が低下していると肌荒れがますますひどくなりますので、トラブルをケアしてくれるアイテムを取り入れるとよいでしょう。

 

1.おすすめ基礎化粧品・潤いアップ

 肌荒れを抑えるのに効果的な成分が「グリチルリチン酸2K」と「ε-アミノカプロン酸」で、「アルージェ」の「ミストローション」にはこの2つの成分が配合されています。

 

 ミストなので肌が乾燥してきたときにシュッと吹き付けられますし、潤いがあるとマスクをしていても擦れて肌荒れを起こすことが少なくなるのがメリットです。

 

 また乾燥対策の潤い成分に「ナノ化天然セラミド(ビオセラミド)」と「カンゾウ葉エキス」、「トリメチルグリシン」の3つが配合されており、角質層の奥まで潤ってバリア機能を高めてくれます。

 

おすすめ基礎化粧品・潤いアップ

出典: https://www.arouge.com/lineup/moisture_mist_lotion_2.html

 

詳細情報詳細情報

モイスチャー ミストローションⅡ (しっとり)

平均予算:¥2,300

URL:https://www.arouge.com/lineup/moisture_mist_lotion_2.html

2.おすすめ基礎化粧品・トラブルケア

 使用中の化粧水を使う前にブースターをプラスすると、肌トラブルをケアしやすくなります。

 

 おすすめは「アルージェ」の「トラブルリペアリキッド」で、ニキビや赤み、かゆみなどの肌トラブルをトータルでケアしてくれるアイテムです。

 

 肌荒れを抑えるのに効果的な有効成分が配合されているだけでなく、角質層のバリア機能を高めてナノ化セラミドが潤いをしっかりと閉じ込めてくれます。

 

おすすめ基礎化粧品・トラブルケア

出典: https://www.arouge.com/lineup/trouble_repair_liquid.html

 

詳細情報詳細情報

トラブルリペア リキッド

平均予算:¥2,800

URL:https://www.arouge.com/lineup/trouble_repair_liquid.html

3.摩擦トラブルを防ぐ基礎化粧品・バーム系

 マスクと肌の接触による肌荒れを防ぐには、伸びのよいクリームよりも固めのクリームがおすすめです。

 

 固めのクリーム以外なら、バームやワセリンもよいでしょう。

 

「IHADA」の「薬用とろけるバーム」には高精製ワセリン配合の敏感肌処方となっており、ひと肌でとろけて顔全体に広がります。

 

 それでいて密着性に優れているのにべたつかないのが特徴の、乾燥と肌荒れを繰り返したくないときに最適の薬用バームです。

 

摩擦トラブルを防ぐ基礎化粧品・バーム系

出典: https://medical.shiseido.co.jp/ihada/products/skincare-berm.html

 

詳細情報詳細情報

イハダ 薬用バーム(イハダ ヤクヨウバーム)

平均予算:¥1,350

URL:https://medical.shiseido.co.jp/ihada/products/skincare-berm.html

4.おすすめメイクアイテム・ほんのり色づくプレストパウダー

 ファンデーションは毛穴を塞ぎ、マスクによる汗や皮脂の分泌でニキビをできやすくします。

 

 マスクに付着して細菌が繁殖する原因にもなりますので、ファンデーションからプレストパウダーに変えるのがおすすめです。

 

 プレストパウダーにはベージュなどの色のついたものもあり、軽くはたいただけでメイクをしたような仕上がりになるものが少なくありません。

 

 また石けんで落とせるタイプのものも多く、プレストパウダーの粉は肌への直接的な接触を防止してくれる役割も果たしてくれます。