秋バテ対策にあたって原因を知ろう

 近年は地球温暖化に伴う異常気象の影響もあり、夏には気温40℃超えなど体温を超える猛暑が続くことも少なくありません。

 

 熱中症のリスクを考えながら、冷房の部屋で過ごす、水分をしっかり摂るなど対策を講じている方も多いことでしょう。

 

 それでも、通勤や営業などで、どうしても外に出なくてはならないことがあった場合や冷房と外の気温との落差で体が疲労やストレスを溜めやすくなります。

 

 暑すぎて食欲を失ったり、冷たいものを摂りすぎてお腹を壊したりして、食欲減退した方や体重が落ちてしまったという方も多いのではないでしょうか。

 

 実はこの夏の時期の体への負担が、秋になって現れてくるのです。

 

 暑い時期を脱して精神的にはホッとし、これで活動的になれると思っても、体は思うように働いてくれません。

 

 暑い時期から気温が下がり涼しい時期へと対応するため、自律神経が大忙しになります。

 

 体温調整などをつかさどっている自律神経が夏から秋への切り替えをスムーズに行えないと、自律神経が乱れ、体のさまざまな部分に不調が生じます。

 

 これが秋バテの原因です。

 

秋バテ対策にあたって原因を知ろう

秋バテの原因となる夏場の食欲不振と食欲の秋対策

 夏場は暑さで食欲が落ちる方も多いほか、冷たい飲み物やかき氷、アイスなどを大量に食べてお腹がいっぱいになって、十分な栄養を摂れなくなる方が少なくありません。

 

 暑いから素麺でいいやなどとたんぱく質を摂らない方が増え、夏は食欲も落ちるし、汗をかくから痩せるのに最適などと無理なダイエットをする方もいます。

 

 こうした夏の過ごし方をしてきた方は、別の要因で秋バテになります。

 

 涼しくなった途端に食欲が湧き出て、暴飲暴食に走ってしまう方が少なくありません。

 

 これも秋バテにより自律神経が乱れ、食欲中枢をコントロールできなくなっている現れです。

 

 秋は収穫の秋、味覚の秋としておいしいものも増えることから、我慢できずに暴飲暴食を繰り返した結果、せっかく痩せた方もリバウンドするどころか、これまで以上に体重が増える方も少なくありません。

 

秋バテの原因となる夏場の食欲不振と食欲の秋対策

秋バテを乗り越える対策を講じるために

 では、秋バテを解決するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 何よりも、自律神経の乱れを改善し、本来の機能を取り戻していくことが大切です。

 

 自律神経は体温や呼吸のコントロールなど、人間が生きていくための必要な機能をつかさどっています。

 

 日中の活動に機能する交感神経と眠っている間に体内のお掃除などの役割を担い、良質な睡眠にいざなう副交感神経があります。

 

 自律神経が乱れて、この2つの神経系統の切り替えがうまくいかないと、不眠になることや体の巡りが悪くなり、肌荒れやさまざまな不調が引き起こるのです。

 

秋バテを乗り越える対策を講じるために

秋バテを乗り越える対策をご紹介

 自律神経の乱れを改善して本来の機能を取り戻すためには、何よりも生活リズムを整えてあげることが大切です。

 

 夏場はいつまでも明るいので夜遅くまで遊び歩いたり、涼しくなった夜間に行動したりといった方もいらっしゃるかもしれません。

 

 夜更かし習慣を見直すとともに、1日3食の食事のリズムも整えましょう。

 

 食事の時間をほぼ同じ時間に摂るようにすると、生活リズムがつきやすくなります。

 

 定期的にエネルギーが入ってくることで、体がエネルギー切れを起こしにくくなり、体の循環が良くなり、自律神経の乱れも改善されていきます。

 

 もちろん、食事の時間を整えるだけでなく、食事内容も大切です。

 

 栄養バランスを考え、無理な食事制限や1つの食材ばかりに偏る食習慣を見直し、必要な栄養素と必要なカロリーをしっかり摂りましょう。

 

 体を動かすエネルギー源となるとともに、自律神経がスムーズに動くための司令塔となる脳の唯一のエネルギー源となるぶどう糖、いわゆる糖質もしっかり摂らなくてはなりません。

 

 血液や内臓、筋肉などを作るたんぱく質、体の代謝を助けるビタミンやミネラル、腸の動きを助けてくれる食物繊維も、バランス良く摂取するようにしましょう。

 

秋バテを乗り越える対策をご紹介

秋バテ対策にはリラックスも大切

 秋になり過ごしやすくなったからと、活動的になる方は少なくありません。

 

 行楽シーズンでもあり、スポーツの秋、芸術の秋だと勢力的に動きたくなる気持ちもわかります。

 

 ですが、秋バテしている体は精神的にも肉体的にも疲弊しています。

 

 猛暑で消耗した体の体力を回復させるために、まずはゆっくり休養を取りましょう。

 

 睡眠不足にならないようにし、寝る時間をしっかり取ってください。

 

 また、やる気が出ない場合やだるさが残っているのに無理に活動する必要はありません。

 

 体がリラックスできれば、自律神経の乱れも改善していきますので、本来の元気を取り戻してからでも、秋の活動をするのに遅くはありません。

 

秋バテ対策にはリラックスも大切