1.美肌ケアには腸活が重要なのはなぜ?

 腸活といえば、腸を活性化させることであり、便秘の改善や胃腸病の予防、健康維持などに取り組む方がやっていること、というのが従来の認識でした。

 

 ところが、最近では便秘の改善はもちろんのこと、より美しい肌になりたいと、美容のために毎日積極的な腸活に取り組む人が増えています。

 

 腸活をすると、なぜ美肌になれるのかを知るためには、そもそも体における腸の役割を理解しておくことが大切です。

 

 腸は食べ物を消化吸収することや食べかすや老廃物を便として排出する役割を担っています。

 

 つまり、摂取した栄養が体の隅々に行き渡るようにするにも、老廃物を溜め込まないようにするにも腸が元気に活躍してくれることが大切なのです。

 

 吸収された栄養が細胞の隅々へと行き渡ることで、肌細胞も元気になり、潤いや弾力のある艶やかなお肌になれます。

 

 一方、老廃物を溜め込んでしまうと肌がくすむことやニキビや吹き出物が出るなど肌荒れしやすくなってしまいます。

 

 だからこそ、腸がイキイキと活躍できる環境を整えることで、お肌の健康も目指せるというわけです。

 

美肌ケアには腸活が重要なのはなぜ?

2.腸活で美肌を目指すには

 腸がどのような状態であれば、美肌になれるのでしょうか。

 

 腸の機能は、人間誰しも同じでしょと思ってはいけません。

 

 というのも、腸が健やかに働けるかは腸内環境と大きく関わっているためです。

 

 腸内には腸の活動を活性化してくれる善玉菌と老廃物を溜め込むことや悪さをする悪玉菌、そしてどちらにも日和る日和見菌というのが存在しています。

 

 それらの量やバランスは人によって異なっており、遺伝をはじめ、日々の生活習慣などでもバランスが異なってきます。

 

 食生活が乱れたり、生活が不規則であったり、仕事や育児、人間関係などでストレスが溜まると悪玉菌が優勢となり、日和見菌も悪玉菌の味方をしてしまうので、日頃の生活にも注意しなくてはなりません。

 

 腸活とは善玉菌を優勢にし、その状態を維持、向上させるための活動であり、いかに善玉菌の威力を高め、日和見菌を味方につけられるかがポイントになります。

 

腸活で美肌を目指すには

3.美肌づくりのために効果的な腸活法

 善玉菌を優勢にして腸内環境を健やかに保つには、善玉菌が活動しやすい環境づくりが大切です。

 

 不規則な生活習慣を改め、栄養バランスを考えた食生活を行い、適度に体を動かしてリフレッシュし、ストレスを溜め込まないライフスタイルへと改善できるのがベストです。

 

 生活リズムの改善は忙しくてなかなかできない方も多いので、できることから少しずつ始めていきましょう。

 

 始めやすいのは食生活の見直しです。

 

 腸に良い食事、善玉菌を増やす食品というと、ビフィズス菌などが含まれたヨーグルトを思い浮かべる方が多いと思います。

 

 もっとも、腸内で善玉菌が活性化するためには、善玉菌のエネルギー源となるエサが必要です。

 

 善玉菌はオリゴ糖や食物繊維を好むため、効果的に腸活を行うには、ヨーグルト単体をひたすら食べるのではなく、オリゴ糖の粉糖やシロップをプラスすることやオリゴ糖と食物繊維を同時に含むフルーツなどをプラスして食べることがポイントです。

 

 かつて有名なヨーグルトにオリゴ糖の袋が付いていましたが、砂糖は避けたほうが良いと考える人が増え、添付されなくなってしまいました。

 

 ですが、ヨーグルトとオリゴ糖の組み合わせは腸活に最適ですので、実はとても意味があったことだったのです。

 

 腸活の効果を高めるには食事に加えて、適度な刺激とリラックスも大切です。

 

 腸は緊張しすぎると機能を弱めてしまうため、ストレスの多い生活は望ましくありません。

 

 1日のうちにリラックスできる時間を設け、ゆっくりお風呂に入る、好きな音楽を聴く、しっかり睡眠を取るなどしましょう。

 

 一方で、怠けさせてばかりでもいけないため、適度に体を動かして腸を刺激し、ぜんどう運動を高めてあげることも欠かせません。

 

美肌づくりのために効果的な腸活法

4.美肌を目指すおすすめの腸活ルーティン

 腸活を効果的に行うには、毎日の継続が大切です。

 

 一朝一夕には腸内環境は変化しませんし、生活が乱れれば、たちまち悪玉菌が優勢になってしまうためです。

 

 善玉菌を増やし、活性化させるために、まずは1つ、継続しやすい腸に良い食べ物を選びましょう。

 

 ヨーグルトはもちろん、乳製品が苦手な方は甘酒でも良いですし、流行りのスムージーでもかまいません。

 

 しょっぱい系が好きなら納豆やキムチなどのお漬物でも良いでしょう。

 

 ただし、続けやすいものであることが必要です。

 

 スムージーを毎日手作りしようとして挫折するなら、手軽に摂れる1パックの納豆や食べきりサイズのヨーグルトのほうがおすすめです。

 

 日々の運動習慣として、駅まで歩くことやエスカレーターは使わずに階段を使うなど、日常生活で取り入れやすいエクササイズもルーティンに加えましょう。

 

美肌を目指すおすすめの腸活ルーティン