冷え性の原因について

 冷え性の原因は、人それぞれいろいろなものがあります。

 

 原因が一つの場合もあれば、複数の原因が重なりあって発生していることもあるので、原因を紐解いて、一つひとつ改善していく必要があるのではないでしょうか。

 

 原因の一つとして、自律神経の乱れがあります。

 

 過大なストレスによる負担や不規則な生活によって自律神経が乱れてしまいます。

 

 自律神経の働きの中には、体温調節もあるので、ここが乱れてしまうと、上手に体温を調節できなくなってしまうのです。

 

 また、常に空調のきいた空間にいることによって、体温調節機能が弱ってしまいますので、それによっても冷え性が発生することがあります。

 

 そのため、自律神経を整えるとともに、普段から自律神経の体温調節機能を適度に使う生活を心がける必要があるでしょう。

 

 また、人によっては皮膚になんらかの刺激を与えることによって、寒いと感じることがあります。

 

 これは手足の感覚が麻痺してしまうことによって、寒いと勘違いしてしまうのです。

 

 原因としては、きつい衣類を身に着けている場合が考えられます。

 

 きつい衣類を着ていると、体が締め付けられたような状態になってしまい、その結果手足の感覚が麻痺してしまうのです。

 

 あまり締め付けない衣類に変えることやストレッチ素材が使われている衣類に変更するなどの措置が考えられるでしょう。

 

 さらに、冷え性は女性特有の症状としても知られます。

 

 男性にも存在しますが、どちらかといえば女性の方が感じている人が多いのです。

 

 その理由となってくるのが、ホルモンバランスの乱れです。

 

 女性ホルモンが乱れることによって、体内にさまざまな症状が現れ、冷えを感じるようになってしまいます。

 

 女性ホルモンが乱れる原因について確認してみると、普段からストレスを抱えている人は注意する必要があります。

 

 さらに、女性の場合は更年期になってくると、女性ホルモンのバランスが著しく乱れてしまうことがあるのです。

 

 このように女性は特に冷え性を発症しやすい体を持っているので、冷え対策を知っておいて損はありません。

 

冷え性の原因について

足の血流を改善する簡単にストレッチ

 冷え性の改善をしたいなら、まずは足の血流を改善することができる簡単ストレッチを覚えておきましょう。

 

 これはまったく難しいことをする必要はなく、単純に足指や足首をほぐすだけで、効果を得られる簡単な方法です。

 

 いすや床に座った状態で取り組むのがおすすめなので、どんな場所でも行うことができるストレッチでもあります。

 

 たとえば、右手で右の足首を持ち、足の指を握ってもんだり、ふくらはぎをもんだりすることによって、足の血流が改善されます。

 

 これを左右繰り返すことによって、両足の血流を改善することができるでしょう。

 

 ほんの数分で可能なストレッチになりますので、自宅にいるときだけではなく、仕事の合間に取り組んでみるのもおすすめです。

 

 また、ふくらはぎを重点的にもみほぐす方法もあって、今度は立った状態で行います。

 

 アキレス腱を伸ばす際の運動を思い浮かべてみるとわかりやすいですが、立ち上がりその状態になって、壁に両手を付けます。

 

 普通はアキレス腱を伸ばす要領で取り組んでいきますが、この場合はふくらはぎを意識してください。

 

 後ろにしたほうの足のふくらはぎに体重がかかるイメージで取り組むのがポイントで、この状態で数十秒ストレッチをすることによって、足の血行促進を狙えます。

 

 片方の足が終わったら、今度は前後を入れ替えて、もう片方の足もストレッチしていきます。

 

 こちらも簡単に取り組むことができるストレッチなので、時間を見つけてやってみてください。

 

足の血流を改善する簡単にストレッチ

座ったままできる腹筋もおすすめ

 冷え性を改善したいなら、座ったままできる腹筋もおすすめです。

 

 普通の腹筋に比べると、そこまで筋力を必要としないので、冷え性に悩みやすい女性であっても問題なく取り組むことができるでしょう。

 

 床に体育座りの状態になり、両手を体の後ろに置いてください。

 

 その状態で両足を持ち上げて、つま先で八の字を描くように動かします。

 

 腹筋を意識しながら取り組むと、より効果を得られます。

 

 このストレッチは基礎代謝を高めることができ、ストレッチ時間も数分程度で行えるので、ちょっとした時間に取り組んでみると良いでしょう。

 

 このようにちょっとした時間を有効活用するだけでも、冷え性の改善効果を見込めるストレッチがありますので、冷え性は改善したいけど、きつい運動に取り組むのは嫌だという人は、まずは簡単なストレッチから取り組んでみてください。

 

 まじめに取り組んでいけば徐々に改善されていくことでしょう。

 

座ったままできる腹筋もおすすめ