日焼け対策の基本とは?

 日焼け対策の基本は、紫外線に当たらないようにして、お肌を焼かないことです。お肌を紫外線から保護するためには、日焼け止めを塗るのが一番お手軽な方法です。

 

 クリームタイプ、スプレータイプ、ジェルタイプなどいろいろな日焼け止めがありますので、自分が使いやすいものを選んでみてください。

 

 日焼け止めを選ぶ際には、SPF値、PA値にも注目してみましょう。

 

 SPF値、PA値が高いもののほうが紫外線を防ぎやすくなりますが、お肌への負担がかかりやすくなります。

 

 日常のお出かけ用、海やプール用など、状況に応じて使い分けるのがおすすめです。

 

 また、日陰を選んで歩くようにしたり、日傘や帽子などのアイテムを活用したりして、紫外線を避けることも、日焼けの基本の対策です。

 

 正午前後頃が紫外線のピークともいわれていますので、この時間帯に外出するときはより念入りに日焼け対策をしておいたほうがよいでしょう。

 

日焼け止めを塗る

目から入る紫外線にも注意しよう

 また、目も紫外線の影響を受けやすいといわれていますので、注意が必要です。

 

 目に紫外線が当たってしまうと、脳が日差しが当たったと判断して、メラニン色素を出すように命令を出すため、お肌が日焼けしたような状態になりやすくなります。

 

 紫外線が強い時期に外出する際は、UVカット効果のあるサングラスもかけておいたほうがよいでしょう。

 

目から入る紫外線にも注意

アフターケアの方法

 お肌に紫外線が当たってしまうと、赤くなったり、黒く焼けたりしてしまいます。

 

 紫外線のダメージが蓄積されていくと、シミ、シワなどお肌の老化も進行しやすくなるので、アフターケアもきちんとやっておくことが大切です。

 

 もしも、紫外線のダメージを受けてしまったときには、炎症を抑えるためにお肌を冷やしておきましょう。

 

 専用のシートパックを冷蔵庫で冷やしておいたり、濡らしたタオルや保冷パックなどを活用したりして、お肌をクールダウンさせるようにしてください。

 

 アフターケアはできるだけすぐに行うことがポイントです。

 

 72時間以内が勝負ともいわれていますので、面倒臭いからと、後回しにしないですぐに対処するようにしてください。

 

アフターケアの方法

お肌の保水をしっかりと行うことが大切

 お肌の保水をしっかり行うことも、アフターケアの大事なポイントです。

 

 紫外線でダメージを受けたお肌は、水分が失われて乾燥しやすくなっています。

 

 化粧水をたっぷりと使って、保水しておきましょう。

 

 化粧水をつけたら、少し放置しておくと、お肌に水分がなじみやすくなります。

 

 保水が終わったら、乾燥を防ぐために、乳液やクリームで保湿も行うようにしてください。

 

お肌の保水をしっかりと行う

夏の美肌ケア方法

 夏は紫外線が強くなる上に、気温や湿度も上がって、汗もかきやすくなります。

 

 汗によって日焼け止めが流れてしまいやすくなりますので、こまめに塗り直ししておきましょう。

 

 日焼けが気になるときには、美白効果のあるマスクや美容液などを使うのもおすすめです。

 

 夜寝る前に、美容マスクを使ってケアしておけば、翌朝ツルツルのお肌になり、化粧ノリもよくなります。

 

 お食事も美肌には、とても重要です。

 

 とくに夏の時期は食欲が落ちてしまって、栄養が偏ってしまいがちです。

 

 ビタミン、タンパク質など、美肌によい栄養が含まれている野菜や果物を積極的に摂取したほうがよいでしょう。

 

 中でも、ビタミンEはお肌の新陳代謝を高めて、美肌によい作用があるといわれています。

 

 ビタミンEは、アーモンドやモロヘイヤなどに多く含まれていますので、料理を工夫して、栄養バランスにも気を配るようにしてみてください。