1.ハリと潤いのある小顔を目指すおこもり美容を

 時間がないときにはできないお顔のマッサージケアとツボ押しで、お肌の潤いとハリを高めて、小顔も目指せるおこもり美容がおすすめです。

 

 お顔のマッサージは、スッキリと若々しいお肌に蘇らせてくれます。

 

 美容クリームを中指と薬指を使って顔全体に薄く伸ばしたら、円を描くように優しく馴染ませましょう。

 

 手のひらで首全体に美容クリームを塗布し、両手で上から下へと交互にさすり、これを10回ほど繰り返します。

 

 次に耳下から首の側面を上から下へとさすって、リンパを流しましょう。

 

 5回ほど繰り返したら、今度はデコルテをケアします。

 

 鎖骨の下のエリアを中心から外側に向かって、5回ほどさすります。

 

 最後の仕上げは、ふっくら唇を作るマッサージとラップパックです。

 

 唇用の美容液を唇全体に薄くマッサージしながら伸ばし、ラップを唇に貼り、5分ほど置いて、美容成分を浸透させましょう。

 

2.手洗いの後にはハンドケアもしっかりと

 コロナ対策で1日に何度も手を洗ったり、消毒をしたりして、手が荒れていませんか。

 

 手荒れをしているとウィルスが入り込みやすくなると言われているので、手洗いや消毒だけでなく、ハンドケアも不可欠です。

 

 ハンドネイルクリームを用意し、マッサージをしながら塗り込むことで、潤いのある美しい手へと蘇らせることができます。

 

 ハンドネイルクリームを手の甲に塗布し、手の甲を握るようにして馴染ませましょう。

 

 手首から指先に向けて、爪の先へとクリームを伸ばしていきます。

 

 指の股から骨と骨の間にある溝を、少し強めにツボ押ししながらマッサージをしましょう。

 

 手のひらを上に向けて、親指の付け根を揉みほぐすようにツボ押しして完了です。

 

 片手ずつ行うので、終わったら、もう一方の手も同じ手順でマッサージをしましょう。

 

3.気になる髪のボリュームも日々のシャンプーやコンディショナーでふっくら美しく

 おこもりしながらも、食料品や日用品の買い物に出かける方や運動不足の解消に混雑を避けて散歩をする方もいるかもしれません。

 

 外に行くとウィルスが気になるので、帰ってきたらすぐにシャワーを浴びる方も多いのではないでしょうか。

 

 髪の洗いすぎは髪や頭皮の乾燥を招き、髪のダメージや抜け毛の原因になります。

 

 日々のシャンプーやコンディショナーのやり方を工夫して、潤いとハリのあるふっくらヘアーを目指しましょう。

 

 美容成分や保湿成分を含んだアミノ酸系のシャンプーを選びます。

 

 シャンプー前にブラッシングをして、髪のもつれを梳いてておくことが大切です。

 

 もつれたままでシャンプーすると、髪を傷めやすくなります。

 

 シャワーで髪全体を濡らしたら、頭皮をマッサージするようにお湯で予洗いします。

 

 シャンプーを手のひらで軽く泡立てたら、指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

 爪を立てると頭皮を傷めてしまうので要注意です。

 

 毛先は優しく押し洗いをし、シャンプーが残らないように、しっかりと洗い流して完了です。

 

 いかに良いシャンプーでも、頭皮や髪に残ったままでは、髪を傷める原因になるので注意してください。

 

 次に髪の水気を軽く切り、毛先を中心に髪全体に指を通して、コンディショナーまたはトリートメントを、指を滑らせるように馴染ませます。

 

 コンディショナーやトリートメントは、天然由来の保湿成分や美容成分が含まれたものをチョイスしましょう。

 

 熱湯に浸けてから絞ったタオルを髪に巻きつけ、3分ほど置いてスチーム状態にして、美容成分や潤い成分を浸透させます。

 

 コンディショナーやトリートメントが残らないように、内側までしっかりとシャワーですすげば完了です。