憧れのホテル椿山荘東京へ

 なかなか行く機会のないちょっと格式ばった場所、ホテル椿山荘東京。都心にこんなに静寂な場所があるのかと驚かされます。

 今だけ楽しめるこのとっておきの桜のアフタヌーンティーを、2週間前から予約して楽しみにしていました。久々に会うお友達と待ち合わせして中に入ります。

 

エントランスから古き良き香り。この高貴な空間に身を置くと、優雅な気分になりますね。

 

 1990年代、東京のホテルで初めて本格的なアフタヌーンティーを提供したという「ル・ジャルダン」。伝統的なスタイルを守りながら旬の素材をふんだんに取り入れた季節感溢れるアフタヌーンティーが都度楽しめます。

 

ロビー奥にあるロビーラウンジ「ル・ジャルダン」では、2/17〜4/12まで桜のアフタヌーンティーを開催中です。

 

桜色スパークリングで乾杯。休日だけのとっておきの時間。

 案内いただいたのは、ソファの席。

 広々とした空間からは緑豊かな庭も見ることができます。落ち着く〜。

 

 まずは、桜色のスパークリングワインが登場。

 

ウエルカムドリンクの「桜スパークリング」。気分が上がります

桜の花が浮かんでいてなんともフォトジェニック。花びらが沈まないうちに写真を撮って…

さっそく乾杯。昼からお酒を飲めるって幸せ〜!

 

全28種から限定桜フレーバーティーをチョイス

 乾杯の後は、さっそく、次のドリンクをオーダー。アフタヌーンティーといえば、スイーツだけでなくティーも主役です。オーソドックスなティーから、フレーバードティー、グリーンティー、ハーブティーなど選べるのは全部で28種類。友達とシェアしながらひとつでも多く楽しみたいところです。

 

 次に頼むティーに目星を付けつつ、限定品に目がない私たちが最初にオーダーしたのは、桜アフタヌーンティーだけの、桜フレーバーのスペシャルドリンク。2種類あるので、一種類ずつをチョイスしました。

 

 私が選んだ桜のロイヤルミルクティーが運ばれてきました。

 

ほのかに桜の香りが香るドリンクは優しくふわっとあたたかく、体が温まります。

 

本日の目玉!三段スタンドのスイーツが登場

 そして、本日の目玉!ついにアフタヌーンティーのスイーツの登場です。

 めちゃくちゃかわいい。見た目も美しい桜スイーツを眺めていると、すっかりお花見気分です。

 

 ビニールシートと缶チューハイで少し肌寒い空の下楽しむ屋外のお花見もいいものですが、大人になった今では、室内でゆったりと過ごすお花見が嬉しい。買い出しも場所取りもいりません。室内で桜スイーツを堪能したあとでお庭に桜を見に行くのが大人の過ごし方なのかもしれません。

 

見た目も美しい桜スイーツを眺めていると、気分はもうお花見

 

一段目はスイーツ

 まずは一段目、ピンク色のスイーツが並びます。

 

 ラインナップは
 ・フルールプランタ二エールのクランチ
 ・桜のガナッシュをサンドしたマカロン
 ・レアクリームチーズのタルト
 ・桜のジュレフラワーエスプーマ
 でした。

 

一つ一つがかわいいスイーツ。食べるのがもったいないくらい

 

 さっそくいただきましょう。

 まずは表面に桜がプリントされたマカロンから。外はさっくり中はしっとりのマカロンは甘すぎずくどすぎず、ティーに合います。友人のお気に入りはレアクリームチーズのタルト。中に入った桜の葉が練り込まれた桜あんクリームがいいアクセントになります。

 

レアクリームチーズのタルト。中に入った黒豆がいいアクセント

クランチはザクザクとした食感。カメリアみたいに可愛くて、たくさん写真を撮りました

 

二段目はアフタヌーンティーの主役スコーン

 そして二段目はスコーン。アフタヌーンティーの主役ですね。

 今回は桜のアフタヌーンティーらしく、桜味、よもぎ味、そして王道のプレーンという和風ラインナップでした。クロテッドクリームにも小豆味。和のテイストは、60年以上の歴史を誇るホテル椿山荘東京に映えますね。

 

 早速メインともいえる桜味のスコーンを。ほのかな塩気と高貴な桜の香りが上品に香りました。続いてよもぎ味は目にも鮮やか 。よもぎの洋菓子ってあまり巡り会えないから新鮮です。

 

 そしてプレーンスコーンの安定感。なんだかんだでプレーンスコーンにクロテッドクリームとジャムのシンプルさに何度も戻って来ちゃう。

 

プレーンスコーンにクロテッドクリームは間違いなし

いちごのジャムも外せません

 

 2杯目のティーは、グリーンティーマスカットをチョイス。運ばれた瞬間からマスカットの香りがしっかりと香ります。洋菓子にも合うほのかに甘いフレーバーですが、後味はグリーンティーのスッキリ感。甘いスイーツも飽きずに楽しめます。

 

グリーンティマスカット。人工的じゃない香りなのが嬉しい。

 

三段目はお食事系のプレート

 下段は、お食事系のプレート。気分転換にいただきましょう。

 ラインナップは
 ・シュリンプとアスパラガスのサンドウィッチ グレープフルーツの香り
 ・グリーンピースと筍のタルト 自家製タルタルソース
 ・クリームチーズと桜のパイサンド
 ・ハニーハムとセロリのジェノベーゼ
 の4つ。

 

 まずは「シュリンプとアスパラガスのサンドウィッチ グレープフルーツの香り」を。

 プリプリのエビがしっとりとしたパンに挟まれ、ほのかに香るグレープフルーツが後味を爽やかに。

 

 続いては「グリーンピースと筍のタルト 自家製タルタルソース」を。これはギャップ第一位です!私グリーンピースがあまり得意ではないのですが、濃厚なグリンピースペーストと、シャキシャキの筍、サクサクしたタルトが絶妙なバランスでとっても美味しかったです。

 

 「クリームチーズと桜のパイサンド」は、可愛い見た目からして、確実に美味しい雰囲気を出しすぎている。新たにチョイスしたシンプルなティーに合う。これはワインにも合いそう…。「ハニーハムとセロリのジェノベーゼ」は複雑な味の調合が楽しかったです。

 

どれもプチサイズで、ペロリといけます

 

スイーツビュッフェを卒業?!

 これまで、友人と楽しむホテルのスイーツは、スイーツビュッフェが定番でした。好きなだけ甘いものを食べられる幸せを感じながら、時には胸焼けするまでビュッフェ台を往復したもの。

 

 しかし、甘い物もそこまでたくさん食べられなくなってしまった…。だけど、夜飲みに行ける友達もひとりふたりと減っていく。そんな大人女性の過ごし方として、アフタヌーンティーは大注目です。

 

優雅な空間とゆったりした時間への投資

 色とりどりの美味しさを少しずつ洗練されたお茶とともに楽しむ時間は格別。ホテルですし、それなりにお値段は張りますが、これは単なるスイーツ代ではありません。この優雅な空間とゆったりした時間への投資なんですよね。

 

 慌ただしい毎日。自分へのご褒美は、仕事の帰り道で買ったコンビニスイーツでも満足できるけれど、ときにはいつもと違う空間で気分を一新したいもの。普段は着ないワンピースに袖を通し、おしゃべりを楽しむ時間は至高のリラックスタイムとなりました。

 

約100種類の椿が彩る庭を散策。椿のお花見って新しい

 久々のおしゃべりを楽しんだあとは、散歩がてら広大な庭を散策に。早咲きの桜と椿が見頃。聞けば、ホテル椿山荘東京には約100種類の椿が千本以上あるそう。東京都大島から寄贈された藪椿など、見たことのない珍しい椿がたくさん見られ、美しいです。

 

早咲きの河津桜と修善寺寒桜が咲いていました

葉っぱが金魚の形をしているその名も金魚葉椿。

葉っぱが金魚の形をしているその名も金魚葉椿。わかりますか?

 

「思いのまま」に咲く梅になんだか励まされる

 そしてこちらは梅。見てください、白い梅が、枝の途中から赤い梅に切り替わっています。「思いのまま」という素敵な言葉が掲げられていました。願えば何歳からだって、どんな場所からでも、挑戦できる。努力しだいで思いのままになるのかも知れませんね。

 

白い梅が、枝の途中から赤い梅に切り替わっています

画像フォルダも一気に華やかに!

 

23区内とは思えないくらい、遠くに旅行に来たよう。

 いつものエリアからほんの少しだけ足を伸ばし、豊かな自然に囲まれたこのホテル椿山荘東京で、ふだんと違う時間を味わうべし。休日2時間もあればここまで気持ちがリセットできるなんて驚き。大人の過ごし方として強くおすすめします。

 日頃の些細なストレスは馬鹿らしくなって忘れちゃいました。よし、明日からまた頑張って働こう。大人になったからこそできる贅沢、ぜひチャレンジください。

 

ホテル椿山荘東京 ル・ジャルダン(ホテルチンザンソウトウキョウ ル・ジャルダン)

住所:東京都文京区関口 2-10-8

電話:03-3943-0920

営業時間:10:00~21:00

定休日:無休

予算:¥4,000

URL:https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/restaurant/jardin/