レモンコーヒーとは?

 イタリアやロシアでメジャーなレモンコーヒーですが、まだまだ日本では馴染みがなく、初めて知ったという方も多いかもしれません。

 

 レモンコーヒーとは、その名のとおり、コーヒーにレモンを入れた飲み物です。コーヒーの苦みとともにレモンのフレッシュさや風味をたっぷりと味わうことができるのも魅力の一つです。

 

 日本では、コーヒーにレモンを入れるという習慣はあまり浸透していないため、おいしくないのでは?と抵抗感を示す方も少なくありません。しかし、正しい作り方を実践すれば絶品のおいしさを存分に味わえます。

 

 最近では、有名メーカーからもレモンコーヒーが発売されています。コンビニやスーパーでも気軽に購入することができますが、より自分好みの味わいを楽しみたいのであれば手作りしてみてはいかがでしょうか。

 

レモンコーヒーとは?

旬のレモンを使っておいしいコーヒーを作ろう

 レモンコーヒーの作り方はシンプルです。

 

 普段料理をする機会があまりないという方も簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 仕上がりや味わいを重視するなら使用するレモンにこだわってみるといいでしょう。

 

 新鮮な旬の国産レモンを選ぶだけで爽快感や風味をたっぷりと感じることができ、飲み心地や満足度がアップします。

 

 普段飲んでいるコーヒーにスライスしたレモンを入れるだけというシンプルな方法で作ることができますが、味わいを高めたい方はエスプレッソで抽出したコーヒーを選ぶこともポイントです。

 

 レモンの酸味を味わえるだけでなく、濃厚なコーヒーの味わいもプラスされ、より深い味わいを楽しむことができます。

 

 疲れた日やリラックスしたい日にも最適な一杯となっており、癒し効果も実感することができるのも嬉しい点です。

 

旬のレモンを使っておいしいコーヒーを作ろう

どんな効果がある?

 レモンコーヒーはダイエットを成功させたい方にもおすすめです。

 

 レモンにはエリオシトリンが含まれており、脂肪燃焼効果が期待できます。

 

 定期的に愛飲するだけでダイエットを成功させ理想のスタイルへと導いてくれるかも。

 

 一方でコーヒーには、ポリフェノールのクロロゲン酸が含まれているのが特徴です。

 

 なんと驚くことに紅茶や緑茶の2倍以上のポリフェノール量を含んでいるのです。

 

 そのため、1日1杯、飲むだけで健康的で美しい体を手に入れることも夢ではありません。

 

 レモンコーヒーは、無理なく効果的に健康効果や美容効果を高めたい方に最適な飲み物と言えるでしょう。

 

 クロロゲン酸は、医療業界でも注目を集めている成分となっており、心臓病や認知症、癌の予防のほか、糖尿病予防にも効果が期待されています。

 

 さらに強い抗酸化作用を持っているため、血圧を下げる効果もあると言われているのです。

 

 近年では、デスクワークによる疲労やスマホの影響による眼精疲労に悩まされる方たちが年齢を問わず増えています。

 

 クロロゲン酸には、目の疲れを軽減する効果も期待できるので、眼精疲労や老眼で悩んでいる方も積極的に飲んでみてはいかがでしょうか。

 

 ポリフェノールの効果は体に摂り入れてから3時間ほどしか持続しないと言われているため、健康や美容のことを意識するなら定期的に飲むことが大切ですが、コーヒーにはカフェインも含まれているため摂りすぎは禁物です。美容や健康のためには適度に摂ることを心がけましょう。

 

 レモンコーヒーは、ただおいしいだけでなく健康的で美しい体や肌も同時に手に入れることができるのもメリットと言えるでしょう。

 

どんな効果がある?