美容を意識している方は睡眠を重視している

 「最近、忙しくて眠れていないからお肌にブツブツができた」「睡眠不足が続いて肌がくすんでいる」「昨夜は眠れなかったから化粧ノリが悪い」など、女性であれば誰もが一度は感じたことがあるのではないでしょうか。睡眠不足がお肌には悪いと思っていても、睡眠と美容の関係についてよく理解している方は少ないです。

 

 一方、美容を意識している常にお肌がピカピカで、若く見える方は睡眠と美容の関係をしっかり意識した生活をしているものです。

 

 「エステに行っているのでは」「高い化粧品を使っているんでしょ」「毎朝おしゃれにスムージーを飲んでいるに違いない」などと思われますが、実は安上がりに睡眠時間のコントロールをしている方が多いのです。

 

 では、どのような眠りが美肌に結びつくのでしょうか。

 

美容を意識している方は睡眠を重視している

美容のために望ましい睡眠とは

 美肌を作るために最も望ましいのは、ゴールデンタイムに眠ることです。

 

 その時間帯は夜の22時から深夜2時までの4時間を指します。

 

 1日疲れ切ったお肌も翌朝には美しく蘇ることから、汚れた掃除服からドレス姿に時間限定で変身したシンデレラの童話になぞらえ、シンデレラタイムと呼ばれることもあります。

 

 夜の22時から深夜2時までの間に眠ることがなぜお肌に良いかというと、成長ホルモンが活性化する時間帯だからです。

 

 肌の新陳代謝が高まり、老朽化した肌細胞が新しい細胞へとスムーズに産まれ変わるようになります。

 

 毎日ゴールデンタイムに眠れるようにすれば、お肌が生まれ変わっていくターンオーバーのサイクルが正常化することで、美肌になれるのです。

 

 もちろん、4時間だけ眠れば良いのではなく、美容と健康のためには7時間から8時間ほどの睡眠時間が取れると、よりベストです。

 

 寝ている間に腸内で老廃物の排泄に向けたお掃除作業などが行われるため、朝来たら快便がもたらされ、余計なものを捨てて、健やかな体とお肌づくりに役立ちます。

 

 老廃物を溜め込まないこともくすみや吹き出物など肌荒れ予防には大切です。

 

美容のために望ましい睡眠とは

美容のためには短時間でも質の良い睡眠を

 もっとも、現代人の忙しい生活においては、ゴールデンタイムの4時間に眠れる方はそう多くはないはずです。

 

 夜勤がある、残業がある、子育てやご家族のお世話で、とても22時になんて眠ることはできないという方が多いのではないでしょうか。

 

 睡眠時間が思うように取れない方は、短時間でもぐっすり眠れるようにすることが大切です。

 

 8時間眠ったつもりでも、眠りが浅く、頻繁に目が覚めたり、トイレに行ったりでは、体のお掃除も進みません。

 

 それであれば、短時間でもぐっすり眠って体の機能を働かせてあげることが大切です。

 

美容のためには短時間でも質の良い睡眠を

美容のためには睡眠の質を上げよう

 睡眠の質を上げるには、質を上げようと念じて眠るだけでは意味がありません。

 

 特に忙しくて睡眠時間を確保しにくい方は、疲れやストレスが溜まり、すぐに寝つけない、寝ても目が覚める、寝苦しいといった方が多く、睡眠時間が短いうえ、睡眠の質も悪くなる傾向にあります。

 

 睡眠の質を上げるためには寝る前の過ごし方が重要です。

 

 脳が興奮した状態では寝つきが悪くなるため、余計な刺激を与えず、リラックスできる環境を整えましょう。

 

 寝る前の1時間から30分前はテレビやスマホは見ない、寝るまでゲームをしない、お風呂にゆっくり入って、ライトを薄暗くしアロマなどを焚きながら、睡眠に誘うBGMをかけるなどがおすすめです。

 

 さらに眠りが深くなるよう、自分に合った枕、快適な寝具など眠るための環境も整えましょう。

 

美容のためには睡眠の質を上げよう