運動その1「身体をねじるエクササイズ」

 便秘の時にはもちろん、ガスが溜まってお腹が張っていると感じたときには身体をねじるエクササイズを試してみると良いでしょう。身体をねじるように動かすことお腹が押されて、腸が刺激されるので、便秘解消やガスが排出されやすくなるのです。

 

 身体をねじるエクササイズはまず最初に、椅子に座って、手のひらを両ひざの上にそっと置いてください。少し浅めに腰かけて、両脚を肩幅くらいに開くと、身体が動かしやすくなります。

 

 次に、左側に向かって腰をゆっくりとねじります。左側に十分ねじったらまたゆっくり元に戻してください。

 

 今度は右側に向かって、腰をねじります。この左右に腰をねじる動作を、10回くらいを目安に行ってみてください。

 

便秘解消のための運動その1「身体をねじるエクササイズ」

運動その2「三日月のポーズ」

 便秘体質を改善したい方は、ヨガをやってみると良いでしょう。ヨガはインナーマッスルを鍛えることができるので、継続することで便秘になりにくい身体になることができます。

 

 便秘解消に効くヨガのポーズはいろいろとありますが、ヨガ初心者でも簡単にチャレンジしやすいのは、三日月のポーズです。この三日月ポーズは、排便を促してくれる筋肉を鍛えることや骨盤の歪み改善する効果も期待できます。また、全身の引き締め効果もあるので、ダイエットにも最適なポーズです。

 

 では三日月のポーズのやり方を説明していきます。まず最初に、四つ這いの状態になり、両腕の間に右足を出すようにして上半身を起こしてください。その状態をキープしたままで、右ひざを90度に曲げていきます。このとき、左足は床にひざをつけておき、足の甲を床につけるのがポイントです。

 

 次に、息を深く吸いながら背中を引き上げていきます。両手を合わせて、上に向かって腕を伸ばしながら、上半身を後ろへ反らしてください。30秒間キープしたら、元に戻して、今度は左右の足を入れ替えて同じ動作を繰り返します。

 

便秘解消のための運動その2「三日月のポーズ」

運動その3「うつ伏せになってベッドの上でゴロゴロ」

 便秘になると、身体がだるく感じてしまい、運動する気になれないという方もいらっしゃることでしょう。どうしても身体を動かすのがしんどいときには、ベッドやお布団の上でゴロゴロと転がるエクササイズがおすすめです。

 

 ベッドの上でうつ伏せ状態になったら、ゴロゴロと左右に身体を回転させてみてください。3分くらいゴロゴロするだけでも、腸に刺激が伝わり、お通じ改善に良い効果が期待できるようになります。

 

便秘解消のための運動その3「うつ伏せになってベッドの上でゴロゴロ」

運動前と運動後にしっかり水分補給を忘れずに!

 エクササイズを行う前に、コップ1杯分のお水を飲んでおくと、より効果が出やすくなります。お水を飲むことでも腸が刺激されて、お通じがきやすくなるのです。水分は体内にたまった便を柔らかくしてくれる効果もあります。

 

 便秘になると、便が硬くなってしまい、ますます排出しにくくなってしまいますので、水分を十分にとって便を柔らかくしておきましょう。

 

 身体を動かした後も、水分を摂るようにしてください。運動後は、汗をかいて水分が失われやすくなるので、熱中症防止のためにも、エクササイズ後に水分補給をしっかり行うようにするのが良いでしょう。

 

運動前と運動後にしっかり水分補給を忘れずに!

運動を行うタイミングは空腹時

 エクササイズを行うタイミングは、空腹時がベストです。食事を摂った後に身体を動かしてしまうと、気分が悪くなってしまう場合や腹痛を起こしてしまう場合もあります。

 

 身体が温まるとより効果が出やすくなるので、お風呂上りに行うのがおすすめです。